株式会社エグゼクティブ | 営業代行/営業支援/インサイドセールス。豊富なノウハウを駆使し、成功報酬型の料金体系で御社を支援致します!

働く環境と制度
Workplace & Welfare

働く環境

働きたいけど、働きにくい人が、安心して働けるように。

介護でも、病気でも、子育てでも、高齢でも、外国人でも、地球の裏側に住んでいても、やりがいのある仕事ができ、評価され、安定した勤務ができる仕事を作ることを実行し続けます。
子育て、通院、妊娠、妊活、介護・・・、誰だっていつ何時、どうなるか分かりません。どんな状況になっても働き続けられることを大切にしています。
当社には様々なケースと仕事を両立してきた実績が多数あります。

NLPT ー 働く場所、時間が選べます。

『Our company has No Limitations on the location of work Place and working Time.』
「NLPT」とは「働くのに場所も時間も関係なし!」という意思表明です。

・はたらく自由、はたらかない自由
・はたらく場所を選択できる自由

働き方を「選択できること」は、多様に変化するライフスタイルと仕事を両立する上で、とても重要なポイントになります。
当制度では、本社・サテライトオフィス、リモートワーク(国内、海外)など、働く場所を自由に選択することができ、例えば、家族の介護や育児で会社勤務が困難な場合はもちろん、家族の転勤等で転居となった場合も、これまでと同様の仕事をすることができます。
環境に左右されない多様な働き方を自分自身で選択することができます。

「完全在宅勤務」「フルリモート勤務」です。

2013年より在宅勤務可能な体制でしたが、緊急事態宣言の期間を経て、2020年7月より全社で完全在宅勤務化しました。
そのため勤務地は問わず、場所に関係なく働くことができます。

「オフィス=仕事をする場所」から、「オフィス=コミュニケーションを取る場所」に。

全社完全在宅勤務に伴い、日本橋本社を社員のDIYにより、カフェ風オフィス「こみゅフェス」に改装。
「オフィス=仕事をする場所」から、「オフィス=コミュニケーションを取る場所」に発想を転換し、リアルなコミュニケーションをとる場所として活用を開始しました。
対面・非対面を融合させ、より円滑・充実したコミュニケーションを目指しています。

【こみゅフェス・本社の具体的な利用について】
・月に一度、コミュニケーションを目的に全員が「こみゅフェス」に集合。
・社員によるプレゼン会開催(成功事例やアイデアなど)
・屋内キャンプやヨガ、映画鑑賞など、社員のイベント利用。
・随時、出社したい社員のオフィス利用、チームミーティングやノウハウ共有。

気軽に相談できる環境があります。

社長との1on1面談
約3ヶ月に1度、社長と社員との面談をします。これ以外にも希望を出せば、社長と面談することも可能です。
社員間相談、部署をまたがる相談・面談窓口の拡充として、オンライン上でのグループ相談窓口、個別窓口のほか、ビデオ会議などのオンラインツールを活用し、どんな些細なことも相談・確認できる仕組みを確立しています。

人事なんでも相談室の強化
オンラインチャット相談窓口を追加し、どこにいても相談ができます。事情を抱えながら仕事との両立ができる方法を一緒に考える環境を整え、社員からの相談全般にのっています。

定期的な面談
長期休暇明け面談(復職後1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月)、入社後面談(入社後1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月 )など復職後、入社後のサポート体制を整えています。

社内制度

週3でも、時短でも、在宅でも、正社員です。

勤務時間や日数にかかわらず、全ての社員が無期雇用の『正社員』として勤務できます。勤務時間は平日9:00〜18:00の間で社員自身が選びます。
※入社から6ヶ月は試用期間です。(目標達成度、本人希望等を確認し転換)

◎<週3でも時短でも在宅でも正社員>自由な正社員 当社は、みんなフリー正社員です。詳細はこちら>>

勤務時間・勤務日数を社員自身が選択でき、3つの勤務形態があります。

介護、育児、妊娠・妊活、通院…社員一人ひとりの状況に合わせての勤務を可能にするため、段階的に以下3つの勤務形態を制度化しました。
社員の性別、理由(育児・通学・通院等)を問わず、またお子さんの年齢に関係なく、社員自身が働く時間を選択できます。
また評価基準・職位を下げずに勤務形態を転換できます。(2018年に既存パート・時短社員を無期雇用化)

(1)フルタイム正社員 :実働8時間の正社員
(2)短時間正社員   :実働6時間と7時間の正社員
(3)週3正社員    :週3日~×実働5時間~等、勤務時間と曜日を選べる正社員

誰でもリーダーになれる、プロジェクトリーダー制があります。

複数の勤務形態の社員でプロジェクトを成功させるには、社員一人ひとりの意識と思いやりが大切です。
プロジェクト制では、一人の社員が複数のプロジェクトを兼任。あるプロジェクトではリーダーの人が、別プロジェクトではメンバーとして等、プロジェクトごとにポジションが変化します。
一人の社員が同時に様々な立場を経験することにより、視野が広がり、協力体制が強まりました。

社歴にかかわらず、プロジェクトリーダーに立候補できます。年功序列がないため、自らが進んで業務に向かう姿勢が圧倒的に強く見られるようになりました。社員の88%が一度はリーダー/サブリーダーを経験するまでになってます。

残業ゼロ制度-仕事とプライベートの両立を図っています。

全社を通じ、“残業ゼロ”の取り組みを実施。

・短時間で成果を上げることで給与が上がる評価制度
・残業をしなければならない仕事をなくす(システムや業務体制の立て直しによる効率化)
・フルタイムは残業がなくても、固定残業代支給

「残業しないほうがお得」、残業しない事が“善”という文化によって、フルタイム、短時間勤務、週3勤務、全ての社員が残業ゼロを実現。仕事とプライベートの両立を図っています。

育児・介護休暇を取得できます。

どんな働き方を選択していても、産休・育児休暇を取得することができます。 フルタイム・短時間正社員・週3正社員、いずれの勤務形態にかかわらず、産休・育児休暇の取得率、復職率が100%です。

復職時勤務選択ができます。

復職時の勤務形態や時間を選択することができる制度です。
復職当初は、多くの時間を勤務にあてられない場合もあります。最初は短い時間で勤務して徐々に勤務を伸ばしていくことが可能です。 また通院などにより一度伸ばした勤務を減らす必要があれば、そちらも対応しています。
復職時の勤務時間を調整できることで、スムーズな仕事復帰が可能です。

ワーケーション制度 ー 旅をしながら出勤ができます。

長期休暇を兼ねてリモートワークを行う「旅をしながら出勤」ができる働き方です。
事前申請を行ない、職種・勤続年数を問わず誰でも申請可能。
勤務中は自社システム、ビジネスチャットツール、web会議システム等のオンラインツールで確認、共有を行ないながら、緊急時にもフォローし合える社内体制を整備しています。
長期休暇取得へのハードルを下げ、社員のワークライフバランスの向上を重視した制度です。

キャリアブレイク制度 ー 退職という概念はありません。

一般的な『退職』(社員と会社の関係が解消される)という概念を廃止。
治療・子育て・介護など何かしらの事情で仕事を辞めざるを得なかった社員が、将来的に状況が変わり「会社に戻りたい」と希望した時に、いつでも職場に戻れることを目的とした取り組みです。休息期間の定めはありません。

EXダイヤモンド、EXフラワー ありがとうの気持ちを伝えることができます。

EXダイヤモンドというシステム上のダイヤモンドを、毎月10個与えられています。
このEXダイヤモンドは「ありがとう」を伝えたいと思った人に、感謝のメッセージと共にプレゼントする事ができます。社員間で活発にやり取りされています。

目標達成を支援する仕組みがあります。

お客様から喜んでいただいたり、1日の目標を達成すると、お祝いの言葉が届いたり、プチプレゼントがゲットできたり、miniゲームができたりするエグゼオリジナルの目標達成を支援する仕組みです。

認定・受賞歴

「東京都女性活躍推進大賞」特別賞受賞 「第5回ホワイト企業アワード」 ワーク・ライフバランス部門受賞 「がんアライ宣言・アワード」シルバー賞 「Forbes JAPAN WOMEN AWARD 2019」受賞 「仕事と介護を両立できる職場環境」認定 「TOKYO働き方改革」宣言企業 「家庭と仕事の両立支援」推進企業 「がん対策推進企業アクション」パートナー企業

ページ
TOP