株式会社エグゼクティブ | 営業代行/営業支援/インサイドセールス/カスタマーサクセス。豊富なノウハウを駆使し、成功報酬型の料金体系で御社を支援致します!

社員インタビュー 日々変化を感じられるのがとても楽しいです。

営業部門
プロジェクトリーダー(架電/商談)
S.K
入社4年目
インタビュアー:鈴木(広報部)

入社の決め手を教えてください。

「誰かの役に立ちたい」「営業の仕事を極めたい」という思いで入社を決めました。

ずっと「誰かの役に立つ仕事」「ありがとうと言ってもらえる仕事」がしたいと思っていました。
営業職を受けたきっかけというのは、前職の社長の「君、営業できるんじゃない?」という思い付きから営業の道に進んだところにあるのですが、そもそも、1社目ではWEB制作会社でWEBを作っていて、2社目では人事・採用の仕事をしていたので全く営業にはかかわっていなかったんです。
「営業向いてるよ」の言葉をきっかけに、営業経験ゼロの私がいきなり飛び込み営業から始めた…というのが営業人生の始まりです。
特に研修などもなく自己流の中で営業をしていたので、「私って、ちゃんと営業出来ているのだろうか?」という疑問を抱えながら活動をしている日々でしたが、一方で、たくさんの方のお話を聞いたり、色々な方に会うという仕事のスタイルは、とても楽しいなと思っていたので、「もっとちゃんと営業を学びたい!」という思いが強くなっていったんですよね。

営業アウトソーシングの会社なら、間違いなく営業を経験できますし、営業の仕事を極められるんじゃないか!と思い、「営業をもっとやってみたい」という気持ちからエグゼクティブを受けたのがきっかけになります。

鈴木:営業会社もたくさんありますが、その中でエグゼクティブに決めたのはなぜですか?

エグゼクティブに決めた理由は2つあるのですが、
私が20代の時に接点があった社長さん達の言葉で「働くとははた(側)を楽にすることである」という言葉と「お金をいただきながらありがとうって感謝してもらえるなんて、なんて素敵な仕事だと思わない?」という言葉が強烈に残っていて、「素敵だな、私もそんな仕事に就きたい」と以前から思っていたんです。
そんな中で出会ったのが、クライアントの喜びを第一に考えているエグゼクティブでした。
営業アウトソーシングの仕事は、様々な業種のクライアントの商材を扱っていますし、日々新しいことを学びながら、刺激が絶えることなく楽しく仕事をし続けられるんじゃないかなと思い、私のやりたい仕事像に合う!と思って入社を希望しました。

もう一つの理由は、フルタイム、時短勤務、週3など様々な勤務形態を自分の状況に合わせて働けること。
営業をもっとやりたい自分、残業のない会社にしてほしいという家族の双方の希望が叶うのがエグゼクティブしかなかったからです。

仕事内容を教えてください。

クライアントのご相談に応えながら、一緒に営業戦略を立てていきます。

クライアントのプロジェクトが立ち上がったら、どのターゲットにアプローチをしていくか、アポイントの確度をどのランクに設定するかなどの打ち合わせを行います。
次に、クライアントの魅力を端的にお電話先の方に伝えられるようトークスクリプトを作成し、プロジェクトメンバーに展開をしてアポイントを獲得していく、という流れでクライアントとエグゼクティブメンバーが一つのチームとなって案件がスタートします。

営業を続けていくうちに、「別業界にアプローチしてみたい」というクライアントからのご相談や、電話をする現場サイドからの「こういうターゲットに刺さりそう」という提案で、新規開拓の可能性が広がるケースは少なくないのですが、こちら側の感触や声を信じていただけるのは、エグゼクティブを「外注先」ではなく「自分たちの営業チーム」と思ってくださっているからなんですよね。

クライアントから聞いたことを現場メンバーに伝え、意思の疎通が取れる環境作りを心がけています。

鈴木:より良い活動ができるために、クライアントと現場メンバーとの連携で工夫していることはありますか?

営業推進担当として大切にしていることは、クライアントとの打ち合わせの際、ただ話を聞いてくるだけではなく、どのようにしたら現場が良い活動ができるか…ということも並行して考えるようにしています。
クライアントの満足ラインと、現場が滞りなく進めるラインのすり合わせは、プロジェクトがよりよく進行するためにとても重要なポイントです。
エグゼクティブでは、プロジェクトによって、現場も営業推進もどちらの立場も経験するので、「自分が現場だったらどうかな?」と想像しながら、営業推進の立場としてクライアントにも交渉をしますし、現場にはクライアントの背景なども付け加えながら納得して進めてもらうことを意識しています。

営推担当はクライアントとのやり取りが一番多く、「アポイントのこういうところに満足いただいているんだな」「ここの部分の情報がもっと欲しいんだな」とクライアントの気持ちをより理解できる立場でもあるので、「クライアントだったらどんな情報が聞きたいだろう」ということを想像したり、実際にクライアントに聞いたことを、現場メンバーに伝えて、意思の疎通が取れている環境作りを心がけています。
みんな、喜んでもらいたいという気持ちで仕事をしている人ばかりなので、「それ、(クライアントが)絶対喜ぶよ!」と相手がどこで喜んでいるかを伝えることも、大事な役目だと思っています。「じゃあ、ここをもっと聞けるように頑張る!」ってみんな一気に燃えるので、とっても心強いです!!

仕事の魅力を教えてください。

日々刺激的で、自分自身の成長も、誰かの役に立っている実感も得られることが魅力です。

日々、刺激的なところです。それから、自分の成長を実感できるのも、この仕事の魅力の一つだと思います。
日々違う会社さんとやり取りをし、クライアントさんも長いお付き合いの方、新しいお付き合いの方がいらっしゃるので、あらゆる方面でいい刺激を受けながら仕事ができますし、入社前と比べて、世の中の流れやニュースに対する感じ方も変わってきました。
「ここが成長したな」と具体的に感じられるのは大きな魅力だと思います。

色々な刺激を受けながら、自分自身も成長できる。自分が成長すればするほど、クライアントの喜びにもっともっと繋がる。誰かの役に立つことができる。

この仕事の最大の魅力は、働く魅力もお金ももらっているのに、誰かの役に立ててめちゃくちゃ感謝されることなのかな!と思っています。

鈴木:クライアントさんからの喜びで印象に残っていることはありますか?

クライアントさんと商談をご一緒した時に、「最後の一手の切り込みがすごいよね」と言われたことです。
何か提案したいものがあるとき、クライアントさんはちょっと戸惑ってしまうときがあるそうなんですが、私は自信を持って「御社にはこれがおススメですよ」と言い切っていくので、「本当に助かっています。すごいな、真似できるようになりたいな、と思っているんです」と言ってくださったんです。
でも、これは営業代行ならではだと思うんです。

長年自社営業をしていると、自分たちにとって当たり前のことが増えてくるので、魅力も見えにくくなってくると思うのですが、私たちは第三者の目線を持っていて、且つ、営業代行の仕事を通じて色々な業界の状況やお困りごとを聞いています。
クライアントさん自身が見えなくなっている魅力も、私たちにはたくさん見えるんですよ!
だからこそ、この会社さんにこれは絶対にマッチする!という自信もあるし、それを自信を持ってお伝えすることができるんですよね。

自社営業に第三者目線自を取り入れるのはなかなか難しいことではありますが、その取り入れづらい部分に私たちが入ることで、伝えたら絶対に刺さる魅力を、ちゃんと確実にお客様に届けられるようになるのは、すごくいいなと感じています。
私たちも、クライアントさんを自分たちの会社・製品だと思って活動しているので、「こんなすごい魅力をお伝えしないなんて、もったいない!!」という気持ち…クライアントさんへの熱が大きいのかもしれません(笑)

エグゼクティブの魅力を教えてください。

仕事と子育てをうまく両立することができ、やりたいことは手を上げればチャレンジ&サポートをしてくれます。

仕事をしっかりやりたい気持ちと、子供をちゃんと育てたいという気持ちを両立させてくれる会社です。
エグゼクティブの残業なし!も単純に「終業時間で業務は終わり」ではなくて、限られた時間の中で最大限の結果を出しましょう、という考え方なので、とてもやりやすいなと思います。
これまで、日付が変わるまで平気で仕事をしていた自分としては…今、やっと人間らしく働けている、というのが正直なところかもしれません(笑)
まだ子どもが幼いので、予測のつかない状況も多々ありますが、それらの状況を想定して会社が体制を整えてくれているので、安心してのびのびと働くことができています。

それと、エグゼクティブでは、やりたいことは手を上げればチャレンジさせてもらえますし、そのためのサポートは皆さん惜しみなくくださるので、働く環境は自分次第でいかようにも良くしていけます!
これはエグゼクティブならではの魅力ですよね。

仕事で大切にしていることは何ですか。

働く上で大切にしている基準が、2つあります。
1つは「働くとははた(側)を楽にすることである」という言葉です。
これは何をするにも常に意識をしていることですが、どんな仕事でも一人きりで完結する仕事はそうそうないと思うんです。
例えば、「ターゲット企業に電話をする」を1つ取っても、効率よく仕事ができるシステムやリスト等…、あらゆる面で支えてくれているサポートチームがいるから、私たちがより良い活動ができるんですよね。
ですので、サポートチームに依頼をするときも、相手がより楽に請けられることを意識しますし、自分がプロジェクトリーダーの立場になったら、メンバーがより楽に仕事ができるように努めるようにしています。
自分が出来る範囲ではありますが…、全方向でみんなが楽に、楽しく仕事ができるようにする!ということを大切にしています。

もう1つは「人の役に立ちたい」です。
誰かに喜んでいただける仕事がしたかったので、お役に立てる上に喜んでいただけるのは、本当に幸せなことです。
更には褒めてもいただける!褒められたがりなんです、私(笑)。誰かのお役に立てている実感が得られるこの仕事は、私の誇りです。

Requirements
募集要項

[ 営業部門 ]

法人営業(完全テレワーク) >
クライアント企業の営業活動をお任せします。

[ テック部門 ]

WEBデザイナー(完全テレワーク) >
WEBデザイン制作をお任せします。
Web広告運用・動画制作(完全テレワーク) >
Google・SNS広告作成・運用、youtube動画広告制作などをお任せします。
社内SE・プログラマー(完全テレワーク) >
主に社内システムの運用保守・開発をお任せします。

ページ
TOP