株式会社エグゼクティブ | 営業代行/営業支援/インサイドセールス。豊富なノウハウを駆使し、成功報酬型の料金体系で御社を支援致します!

Company profile

企業情報

スゴイ企業
2020/04/28

インタビュー / 対談 [デザインの企画制作販売、Webデザイン・サーバシステム構築、翻訳校正] 株式会社フルスイング

デザイナーが全力でとことん「フルスイング」できる会社を作りたかったんです。

株式会社フルスイング 代表取締役社長 前田 仁 様、セールス&プランニング 松岡 美樹 様インタビュー
(以下、敬称略)
「全力でフルスイングする秘訣」についてお話をお伺いしました。
インタビュアー:株式会社エグゼクティブ 広報 鈴木
[デザインの企画制作販売、Webデザイン・サーバーシステム構築、翻訳校正]

株式会社フルスイング
代表取締役社長
前田 仁

「やるなら、やりたいことをやろう!」29歳からの挑戦

─ 早速ですが、「株式会社フルスイング」はどのように生まれたのですか? 以前からデザインに関心をお持ちだったのでしょうか?

前田:何も経験なしで31歳から始めているんです。僕は多分、今うちにいるデザイナーさんよりも経験がなくて。

─ なぜデザインに関係する会社を作ろうと思われたのですか?

前田:もともとは新卒から建築メーカーで建材の営業をやっていたんですが、29歳のときに転職しようと決めて。

─ 30歳を手前にして、何か思うところがあったのでしょうか?

前田:29歳から30歳の、最後の1年間にやった仕事が、会社の中で1番忙しいところだったのですが、その仕事をする中で、多分「ずっとこの仕事をやるんだろうな」、「それ以上もないし、それ以下もないんだろうな」と。 それを考えたら辛いなと思って「やるんだったら、やりたいことをやろう!」と思ったのがスタートだったんです。
そこで、29歳から1年間、デザインの専門学校に通ったは通ったんですけど、では何でデザインを選んだか?と言われると、大学は経済学部ですし、正直、美術もそんなにだったので・・・なんででしょうね(笑)

─ 未経験の世界に飛び込むことに勇気が必要でしたか?

前田:専門学校を選んでいる中で、「デザインを1回やってみたいな」と思ったんでしょうね。1年間やってみると楽しくて。映画は小さい頃から好きだったのは確かなんですが、まさかそれを仕事にするとは全く思っていませんでした。

卒業後は、就職するなら、行きたい会社に行きたいなと思っていたんです。
30歳で何も条件を満たしていなかったんですが、舞台美術専門の会社に拾ってもらったのが、スタートになります。 そこから1社エンタメ系の仕事をして、2社目は商社と一緒にいろいろな業界に新規開拓をしたり、自分がやりたいと思う業界に営業に行き、自分で提案したり。
そこで、営業という仕事を経験しました。 当時はDVDとかブルーレイがまだまだ勢いがあった時代なので、そういう会社に自分が作ったデザインなどを売り込んでいって、その中で、映画会社さんと仕事ができるようになりました。
独立したのは若干騙された?(笑)というところもあるんですけど、会社の決定権がある人から「独立する?協力するよ」と声をかけていただいたのが始まりです。

─ もともと、いつか独立したいといった気持ちがあったのですか?

前田:いえ、ないです。僕はどちらかというと、誰かに付く方が好きなので。どっちかと言ったら、保守派で、新卒で入ったらその会社で一生終わるなとも思っていましたし。
独立したのは、幸いなことに色んな偶然が重なったからです。

─ ご自身の中で、独立して変わったことはありますか?

前田:1人でやっているときはいいんですけどね、変わったことといえば、「社員を食わせていかなきゃいけない」という気持ちだけです。やっていることはあまり変わらないです。

デザイナーが「全力でフルスイング」できるように

─ HPに「元気で何事もフルスイングで」とありますが、創業当初からのものなのでしょうか?

前田:僕はずっとそうです。 社名は僕が考えたものではないんですけど、「何事も全力で行く」、「フルスイング」しておけば失敗しても怒られないんじゃないかと、という感じからきています。

─ 一緒に働く皆さんもパワフルな方が多いんですか?

前田:全然いないと思いますよ(笑)。 どちらかというと、デザイナーさんは、内にこもるタイプが多いので・・・8割方そうじゃないですかね。仕事を誰にも邪魔されず、パソコンの前で1日ずっと過ごしたい人が集まっている。
僕がお客さんの窓口になっているので、うちのデザイナーさんはそういう感じのイメージで見られているんでしょうが、実際は皆さんデザインの専門学校からずっとやられていますから、僕とはタイプが違うわけです。

─ それをフルスイング、全力で、ということですね。社員さんやデザイナーさんとのコミュニケーションで意識していることはありますか?

前田:社員とは朝礼をやっていますけど、それくらいで、ほとんど無駄話をしないです。というのも、合間で喋るタイミングが合えばいいんですが、基本的にみんな作業をしている時に話しかけられたくないんです。 決して悪気があるわけではなくて、そういうもんなんですよね。
僕も含めてですが、喋りながらみんなでワーワー言いながら、みたいなのは、ほぼないです。

─ デザインなど、やることをとことん全力でできるよう、社内環境を整えてらっしゃる?

前田:そうですね。僕は前の職場でそれができなくて嫌だったので、独立したら自分が嫌だと思っていたことは無くそうと思っていて。
先輩がいる間は帰れないとか。当たり前なんですが、デザイナーは職人みたいなところがあるので、できるだけ集中できるように、もともとワンフロアの社内に壁を作ったり、部屋も区切るようにしました。

─ それは現場のデザイナーさんの方から、こういう環境がいいと声があったのですか?

前田:声があったわけではないですけど、そのほうがより集中できるんじゃないかなと。 ただ、僕が「引越しするから、これで」というようなことはないです。
みんなに必要か必要でないかと聞いてから決めているので。これらも、僕が図面を作って、こういうパターンはどうかな?と聞いて、皆さんがいいね!というものにしています。

─ よりよく働けるんだろうなというアイデアを、社員が必要と言ったら実施していく。 いいですね。

前田:そんな感じです。

─ 松岡さんがフルスイングさんと出会ったきっかけはなんですか?

松岡:前職はずっと証券会社で働いていたのですが、フルタイムで勤務しなくてはいけなくて。子どもが小学校に入学し、子どもとの時間を大切にしたいなと思って、転職活動をしました。 実は、最初は事務というお話を伺っていたんですけど、なぜか名刺に、「セールス」と書いてありまして・・・なので、今、必死で勉強しています(笑)。

前田:エグゼクティブさんが一生懸命アポイントとってくれるので、もう、僕一人では無理になってしまったので(笑)

松岡:そのアポイントを活かすために、営業もがんばっています。

前田:松岡が入るまでは、事務も営業も全部自分でやり、夜にデザインの仕事をするという生活をずっと続けていたのですが、もう、それは無理だなと思って。 外勤の営業はやったことないけれども、松岡が「外に行くのもいいかな」と言ってくれたので、営業の現場には2人で行ったり、1人で行ったりという感じやっています。

─ 外にでてみてどうでしたか?

松岡:もともとは証券会社の窓口なので、来られた方に対応する営業はしていました。ただ、お電話でアポイントを取って商談に行くということはこれまでなかったので、良い経験ができています。エグゼクティブさんが、アポイントをうまく取ってくださるので、あとは行くだけ、という感じです!

─ ありがとうございます。当社もフルスイングで活動させていただいております。

次の依頼を頂けるのは、僕ではない。デザイナーが主となって全力投球してくれるから。

─ 同業他社さんもある中で、クライアントさんがフルスイングさんを選ぶ一番の理由はどんなところとお考えですか?

前田:多分ですけど、クライアントさんにとって、うちはいろいろ言いやすいんだと思います。

─ と言いますと?

前田:特に映画関連の業界は、大御所と言われる方も多い中で、うちは結構フットワークよくやっているんだと思います。
DVDも映画公開もそうですが、発売日や公開日が決まっていて、デザインはその中の一部。業界特有のややこしいこともある中で、僕らは一応何でもやるというか、お断りすることもなく、社員も嫌な顔をせず、少々無茶なことを言われてもやる、というのが一番なんじゃないかなと思ってやっているんです。
そうすると、「次もお願い」と。僕等はそういう繋がりで成り立ってきたようなものなので。

─ そうなると、ご紹介とかも多いのではありませんか?

前田:そういうパターンが多いです。映画業界は独特なんですけど、A社にいた方がB社に転職し、B社から仕事を出してくれたり、その方が他の業界に行ったら、そこから仕事をもらったりとか。紹介してくださって、関係がなかった方から仕事をいただくとか、そういうのが一番多いです。
ただ、狭い業界なので…全然関係ない仕事をやっていきたいな、とエグゼクティブさんに営業をお願いしようと思い始めたのが3年前くらいからになります。
その前は、僕独自でボチボチ営業をしてはいたんですけど、アポイント取るのが辛かったんですよね。なんて言うか、断られるの前提じゃないですか。ショック度が作業に出ちゃうわけです。エグゼクティブさんと一緒にやるまでは、人の繋がりだけで、外に何か発信するということは、ほぼなかったですから。

─ ありがとうございます。少し難しいことでもお客様からこうしてほしいというと言われたら、デザイナーさんが嫌な顔せずにやる、というのは御社の社風なのでしょうか? そういう方が集まったということですか?

前田:僕を見本にはしていないんでしょうけど(笑)。
今でこそ営業がいますが、うちの場合、デザイナーがいて、ディレクターがいて、営業がいて、そういう縦割りみたいなのがないんですね。 例えば、僕がお仕事貰ってきたら、デザイナーに、「はい、お願い」という形で。あとはデザイナーさんが進めるわけです。色々なことを任せてやれているので、僕というよりは、各デザイナーがちゃんとやっているから、また次の仕事を貰えているんです。

仕事の依頼が会社ではなくデザイナーに付くと、その人が辞めたときにはもれなくその仕事も付いて行ってしまうので、どの会社も、一番それを嫌がるんですけど・・・でも、それは仕方がないかなと思ってます。

─ 業界的に、そういうことは多いのですか?

前田:特に映画は個人なので多いですよ。だから、会社としては作り手の個人名を出したくないので、顔を見えないようにわざとするわけです。100パーセント、どのデザイナーが作ったか分からない状態にしていてる会社もありました。

─ 御社のデザイナーの方たちは長くご勤務なさってるのですか?

前田:4年目の人、6年か7年のくらいやっている人、あとは会社を立ち上げて1年目くらいから入っている人が2人、10年くらい一緒にやっています。

─ 御社が大切にされている「風通しの良さ」が、業界的に独立や、転職が活発な中で、長く勤められる方の多さに繋がっているのでしょうか?

前田:どうでしょう(笑)。 映画の会社とかは、未経験や1年目で転職すると、ほぼ先輩を乗り越えられないといいますか、「先輩がいなくならなきゃ、ちゃんとできないんじゃないの?」みたいな世界が多くて。それが一番嫌でした。自分が作ったのに、先輩が「自分が作りました」って言うのも。
最初のうちはいいんですけど、2年も3年も経てば「自分が作ったんです」と言いたい。 いつになったら言えるのだろうかと。
お客さんも何かあれば、直接作っている人に言いたいはずなので、自分の会社では、それができたらいいなと思ってやっています。

─ デザイナーさんはそういう思いを抱えている方が多いのでしょうか?

前田:多分、一番ストレスなんじゃないですかね。
間を通すと、よく分からない伝言ゲームになるわけです。黒と言ったのが途中でグレーになって、戻すと、また同じ現象でお客さんに伝わったり・・・。すると、「あのデザイナーどうなっているの?」ということがよく起こるんです。
だから、良い意味でも悪い意味でも、自分が作ったものが評価されちゃうのですが、うちの今のやり方ならデザイナーにとって、一番やりがいがあるんじゃないかと思っています。

実は僕も女性向け商品の仕事も担当していて、プレゼンから制作までやっているんですが、お客さんはまさか僕が作っているとは思ってないから、「これはダメだね」とはっきり言ってきたり(笑)。

─ 前田社長がデザインを?!私もデザイナーの方たちが企画・制作されたと思っていた1人です(笑)。 お客様の持つイメージを表現するのは大変じゃありませんか?

前田:例えば化粧品とか、もっと若い子向けに作れませんか?と言われても中々わからないこともあって、苦戦することもありますが、期待に応えるということはできているとは思います。
あと、出会った当初の新鮮な気持ちでぶつかり続ける、マンネリ化させないということですね。マンネリ化してくると、これやってもしょうがいないよねという感じになるので、それが怖いです。 1と言われたら、1.5くらいで作ってくると思われているので、僕たちは2も3も出していかないといけない。
映画も他の業界もそうですが、制作をやりたい会社は星の数ほどあるので、その中で幸運にもやらせてもらっているわけですから、きっちりやらないといけないんです。

─ お付き合いが長い会社さんとの、意思疎通、信頼関係、そこですよね。

前田:そうですね。長くやっていることもあり、良くしてもらっています。

「何かを作り上げたい」に応えるために、挑戦し続ける

─ 相手の頭の中のイメージを形にしていく。すごいことですよね。

前田:イメージもそうですけど、今でこそ慣れましたが、撮影も大変でした。
デザインは徹夜すればどうにでもなる話なんですが、撮影だけは経験がなかったので。

─ どのように始めていったんですか?

前田:代理店から、僕に全部お願いすると言われて。うちにも女性スタッフがいますし、その時は僕じゃない方がいいんじゃないですか?と言ったんですが、「できなくてもいいから僕に」というのが先方の依頼で、それがスタートでした。
実は、最初は失敗しちゃったんです。2年目以降は問題なくやらせていただいていますけど。

─ 撮影も初めてで、独学でやられたんですか?

前田:カメラマンさんに聞いたりして。当然、タレントさんにディレクションしたこともないので、そういうところから、最初は冷や冷やものでした。
だけど、自分たちの手で描いてラフを作ったものが、具体的になって、最終的に形になるというのは、経験したことがないことだったので、やることができてすごい良かったなと思います。

─ 社長が今までやったことないことに挑戦していくということは、きっと社員の皆さんのモチベーションにも繋がっているのでしょうね。

前田:あまり気持ちを発しないので、よく分からないですけど(笑)。 会社としては、「やったことなくてやりたいこと」とか、「業務もデザインからもうちょっと広げていこうね」と、去年くらいから言っています。
なかなかできていないですけど、そういう気持ちは持ってくださいという話はしています。

─ 松岡さんは、お子さんがいらっしゃるということで、5年後10年後は、少しずつ生活環境も変わってくると思いますが、フルスイングさんで挑戦してみたいことや、やってみたいことはありますか?

松岡:全然違う業界の大きい仕事を取って、皆さんにチャレンジしてもらえたらいいなと思います。

─ 最後になりますが、どのような会社さんに御社を見つけてもらいたいな、と思われますか?

前田:業種関係なく「何かを作り上げたい気持ちや思いがある」そういう会社さんだったら、全力で協力できると思うんです。

業務の一部として「何となく、こんなのがあるからやってください」というのだと、なかなかうちのパワーは発揮できないと思うのですが、「自分のプロジェクトを完結させたいから」とか、「こういう商品を見たいから」とか、そういう方がいらっしゃったら、全力でパワーを注げますし、そこに一番やりがいを感じていますので。 出会えたらいいなと思っています。

─ 本日は貴重なお話をありがとうございました。

会社名: 株式会社フルスイング
HP: http://www.fullswing.tv/
創業: 2009年9月
代表取締役: 前田 仁
事業内容: デザインの企画制作販売、Webデザイン・サーバシステム構築、翻訳校正
(取材・記事:広報担当者)
2020/6/5
[アプリ・クラウド・システム開発]
株式会社エンウィット
スゴイ企業
この企業のおすすめポイント
丁寧にヒアリングをし、新しいことに挑戦しながら「困った」を解決してくれる企業です。
2020/3/25
[医薬部外品OEM]
株式会社天真堂
スゴイ企業
この企業のおすすめポイント
「ワンストップで、通販に必要な機能を全部一括で提供するビジネスモデル」通販に関するすべてをお任せできる企業です。
2021/1/26
[製造業向け業務システムの設計開発サービス、製造業向け各種ITサービス]
株式会社シグマクレスト
スゴイ企業
この企業のおすすめポイント
「自分たちはシステムを作るチームで、お客様の業績を上げるためのチーム」という「隣の感覚」を大切にしている企業です。
2020/3/6
[デジタルマーケティング]
株式会社Shift
スゴイ企業
この企業のおすすめポイント
愛媛県に本社を構える広告代理店。改善提案や設計に力を入れ、クライアントさんに一番最適な提案をしてくれます。
2020/6/16
[WEBデザイン・システム開発、ITコンサルティング、ロボットアプリケーション企画、着物コンサルティング]
レミーコンサルティング合同会社
スゴイ企業
この企業のおすすめポイント
技術や人材などのリソースがない企業に対して手助けできるチームを一緒に作り上げていく企業です。
2020/3/16
[Webマーケティングサービス開発・提供]
シルバーエッグ・テクノロジー株式会社
スゴイ企業
この企業のおすすめポイント
AIによる効率化や精度の向上を突き詰め、『サイトの中での適切な接客』を実現してくれる企業です。
2020/3/5
[デジタルマーケティング]
株式会社クロスリスティング
スゴイ企業
この企業のおすすめポイント
お客さんに寄り添って丁寧に対応してくれます。広告に関してのアドバイスだけでなく、全体的な改善案なども出してくれますので、安心してお任せできます。
2020/4/9
[画像認識・コンテンツ認識ソリューション提供]
株式会社ゼータ・ブリッジ
スゴイ企業
この企業のおすすめポイント
独自のアルゴリズムを構築し、画像に写る小さな傷や汚れなどを検出する技術を持った企業です。目視検査を機械化し、後継者不足解消にも繋がります。
2020/3/6
[ソリューション開発]
株式会社コネクトワン
スゴイ企業
この企業のおすすめポイント
この企業にしかない尖った部分が沢山あります。システムに関する悩み事に真摯に向き合い、解決に向けて全力を注いでくれます。
2020/3/13
[製版・印刷]
株式会社日光プロセス
スゴイ企業
この企業のおすすめポイント
媒体を問わず、クオリティを追求するお客様に全力で応え、「当たり前のレベル」を日々上げていく努力を惜しまない企業です。
2020/4/3
[マニュアル・技術資料制作・アプリ開発]
株式会社平プロモート
スゴイ企業
この企業のおすすめポイント
機能を説明するだけではく、操作する人の動きをコントロールして危険を減らし、操作をしやすくする「マニュアル」作りをしている企業です。
2020/4/22
[医療システム・ソフト・機器の販売およびサポート、PC関連事業]
株式会社IDK
スゴイ企業
この企業のおすすめポイント
ITや、IT以外でも何かで困っている医療機関を助けたいという熱い思いを持った「ひたすら前向きな企業」です。
2020/4/20
[ビザ申請・帰化申請]
ビザ申請・帰化申請NAVI東京 行政書士法人Climb
スゴイ企業
この企業のおすすめポイント
外国人ビザ申請への責任と思いを持ち、企業の一番の悩みである「離職」について根本から解決するサービスを展開している企業です。
2020/6/12
[総合支援事業]
東京都中小企業振興公社
スゴイ企業
この企業のおすすめポイント
事業が成功してほしい。という思いで、企業に対して真剣に継続的に向き合い続けています。
2020/4/8
[人材組織開発・人材紹介・ダイレクトマーケティング支援]
インテグラス株式会社
スゴイ企業
この企業のおすすめポイント
お客様の要望に合わせて、教育・人材の両方に柔軟に対応できる企業です。マーケティングリサーチにも力を入れています。
2020/3/12
[産業医/メンタルヘルスケア]
日本メディメンタル研究所
スゴイ企業
この企業のおすすめポイント
相手が「何を考えて何を大切にしているか」を1番に考え、1対1で真摯に向き合ってくれます。
2020/3/6
[求人動画メディア]
株式会社ESCAPE TOKYO
スゴイ企業
この企業のおすすめポイント
求人市場における『人』の価値の重要性に注目し、市場の開拓にとても力を入れている企業です。求人動画も手がけています。
理念・方針
2021/09/30
日本最大規模の女性アワード「Forbes JAPAN WOMEN AWARD 2021」 企業部門5位受賞!【理念・方針】
2021/07/02
ピラミッド型の組織、やめました。
2021/07/01
自分たちが作り掲げる。テレワークの心得。
2021/06/22
第6回ホワイト企業アワード受賞🏆  ~柔軟な働き方部門~2年連続受賞
2021/06/11
「TOKYOテレワークアワード」推進賞を受賞
クローズアップ
2021/05/10
入社から完全リモート勤務のSさんに聞いた営業の魅力~オンライン商談編~【クローズアップ】
クローズアップ
2021/03/31
週3正社員、週4正社員、週5正社員、どんな人がいるの?【クローズアップ】
2021/02/16
全社員フルリモートワークに。    かっちりオフィス→遊び場に大改造!
2021/02/15
令和2年度「東京都女性活躍推進大賞」産業分野にて特別賞受賞!
エンタメ
2021/02/01
新たな一面発見✨社内部活がすごい【エンタメ】
クローズアップ
2021/02/01
営業のHさんに会社の魅力を教えてもらった話。【クローズアップ】
理念・方針
2021/01/04
新年あけましておめでとうございます。2021年オンライン川柳大会🎍開催!【理念・方針】
理念・方針
2020/12/23
エグゼクティブの柱【理念・方針】
クローズアップ
2020/12/23
「親子ワーケーション」で仕事も海外帰省もどっちも叶える!【クローズアップ】
理念・方針
2020/12/04
3年連続「がんアライ宣言・アワード」シルバー賞を受賞しました!
理念・方針
2020/09/10
オフィス=遊び場に!社員主体でオフィスを大改造!完全在宅勤務の成功の秘訣はコミュニケーション
クローズアップ
2020/08/26
当社の社員が、ハッピーなキャリアを目指す20代を応援するメディア「キャリアエール」に掲載されました!
クローズアップ
2020/08/26
当社の取り組みが「次世代の働き方を発信 キャリコネニュース」に掲載されました!
社名
株式会社エグゼクティブ
住所
〒103-0012
東京都中央区日本橋堀留町1-6-5
丸彦ビル4F
代表者
内山 隆
事業内容
営業アウトソーシング
お問合せをする >

株式会社エグゼクティブ | 営業代行/営業支援/インサイドセールス。豊富なノウハウを駆使し、成功報酬型の料金体系で御社を支援致します!

Company profile

企業情報